ヒゲ脱毛後は毛穴が引き締まるまで、念入りな肌ケアを行うことが大切です。

ヒゲ脱毛後の肌ケアは?

ヒゲ脱毛後に行う肌ケアは以下の通りです。

脱毛(施術)当日のみ
  • 飲酒をしない
  • 入浴をしない(シャワーはOK)
  • 運動をしない

 

脱毛1~2週間後まで
  • 日焼けをしない
  • 保湿をしっかり行う
  • 清潔を保つ

※次回脱毛予定がある場合は継続して行う

 

次回の脱毛まで
  • 日焼けをしない
  • 保湿をしっかり行う
  • 毛抜きをしない

日常生活の制限があるのは脱毛当日のみです。

 

使う脱毛機によっては1週間から2週間ほどで毛が抜け落ちていきます。
毛穴が引き締まるまでは、いつも以上に入念な肌ケアを行いましょう。

 

 

脱毛当日は汗を掻かないように注意する

汗をタオルで拭く男性脱毛当日の肌はダメージを受けているので、炎症などの肌トラブルを起こしやすい状態です。

 

入浴や飲酒、運動がNGになるのは、汗を掻いたり脱毛部位の血流が良くなることで肌トラブルを起こしやすくなるからです。
少量でも汗を掻いてはいけないワケではありません。夏に徒歩移動をしたりシャワーを浴びて掻く程度の汗であれば問題ありません。

 

脱毛当日に赤みや腫れがひかない場合は?

クリニックやサロンでは脱毛後に専用の軟膏やジェルの塗布とアイシングをしてくれます。
大半の人は、脱毛後の処置ですぐに腫れや赤みはひいていきます。
数時間は何もせずにマスクで隠すなどして経過を見ましょう。

 

腫れや赤みがひかない場合や脱毛直後よりも悪化する場合は脱毛を受けた場所へ連絡を行ってください。
ドラッグストアで売っている軟膏などを購入してセルフケアすると回復が早くなる場合があります。

 

見た目に変化がなくても肌ケアはしっかり行う

脱毛前の日焼けがNGなのはもちろん、脱毛後も肌が敏感な状態になっているので日焼けはNGです。
肌の色が変わるような日焼けをしなくても、長時間紫外線を浴びるとシミができやすくなります。

 

レーザー脱毛など毛が抜け落ちるタイプの脱毛は、毛が抜けてから1週間前後(毛穴が引き締まるまで)、その他の脱毛機は脱毛後1週間前後は日焼け止めを塗るなどの紫外線対策を取りましょう。

 

毛が抜け落ちた直後は毛穴が開いた状態になります。汚れが付着すると肌荒れを起こすので、入念な洗顔と入浴後の保湿などして肌を守ってあげましょう。

 

脱毛が完了するまで日焼け対策と保湿は継続

保湿する男性

ヒゲ脱毛は毛周期の関係で、繰り返し施術を受けないといけません。

永久脱毛を目指す場合、医療脱毛で10回前後、サロン脱毛で20回前後が目安です。
脱毛が完了するまでは、肌状態が回復しても次回の施術を安全に受けるために日焼け対策と保湿はしっかり行いましょう。
日焼けは肌の色が黒くならなくても、脱毛を受ける2週間以内に1時間以上直射日光に当たっていると、肌の奥でメラニンが増えてシミや肌荒れを起こすリスクが発生します。
一部では日焼けしていても施術を受けられる脱毛機があるので、使用する脱毛機や季節(空気の乾燥状態)に応じて肌ケアの必要性が変わってきます。