日本人離れしている顔でなければ、脱毛しないほうが良かったと言われることはありません。

ヒゲ脱毛の似合う人は?

ヒゲが似合う人はいますが、ヒゲ脱毛をしてツルツルの肌になった状態が似合わない人はいません。

 

ほぼ100%の確率で脱毛前に比べて見た目の印象が向上します。

 

デザイン脱毛をする場合は、元々の顔の形状やパーツが重要になります。

 

 

そもそも日本人はヒゲが似合わない

髭の似合う人

ヒゲが似合う人の特徴には、色黒で顔のホリが深い共通点があります。

俳優の阿部寛さんなど該当する日本人も一部でいますが、極めて稀なケースです。

 

大半の日本人はヒゲがあるよりもない方が似合います。

 

一部では青ヒゲなど剃り跡が目立つ理由でヒゲを生やした方が自然に見えることもありますが、ヒゲ脱毛してツルツルの肌になれば脱毛前より確実に見た目の印象が良くなります。

 

日本人離れしている顔だと言わるような人でなければ、脱毛する前の方が良かったと周囲から言われることはありません。

 

 

ヒゲで輪郭をカバーするのは難しい

ヒゲを生やすテクニックとして、面長顔の人はアゴヒゲを少し長めに生やすなど、ヒゲを縦方向に印象づけることで小顔に見えます。
丸顔の人はアゴヒゲから頬ヒゲを生やすなど横方向に印象づけると良いです。

 

俳優の山田孝之さんのようなタマゴ型の人は、どんなスタイルのヒゲでも似合いやすい輪郭だと言われています。

 

顔の輪郭がコンプレックスでヒゲを生やそうとする人がいますが、輪郭のデメリットを適度に中和するのはデザイン性や絶妙な長さ加減が必要です。

 

本人はコンプレックスの輪郭が目立たなくなったと思っていても、周囲からは「ヒゲがない方が良い」と思われているケースが非常に多いです

 

ヒゲを生やすのが好きな人でも、思い切ってヒゲ脱毛すると周囲の反応が変わって驚くことがあります。

 

 

青ヒゲの人ほど印象が変わる

ヒゲ脱毛のメリットは、剃り跡が目立たなくことです。
青ヒゲの人は、脱毛をすると見違えるような変身を遂げられます。

 

永久脱毛をするには、時間をかけて何度もクリニックやサロンに通わないといけませんが、青ヒゲを消すだけなら数回程度の脱毛で効果が出てきます。満足する効果が出るまで早くて、途中で辞めても一定の効果が残ります。

 

ヒゲが濃いほど1回のレーザー照射で大きな効果が出るのでお得です。

 

 

老け顔は若返り効果を得られる

ヒゲ脱毛をするだけで、若く見られるメリットがあります。

 

若くて童顔の人は、大人っぽく見せたいと思うこともありますが、多くの人は一定の歳になると実年齢相当もしくは若く見られないと思うものです。
実年齢よりも年上に見られる人や、若作りしたい30~60代の男性はヒゲ脱毛することで、目的に合った変化を実感できます。

 

青ヒゲや老け顔など脱毛前の印象が悪い人ほど、ヒゲ脱毛をすると異性からの反応が目に見えて変わるなど、男の魅力が向上します。
綺麗な肌の人は周囲が気付かないような変化に限定されますが、見た目よりも毎日のヒゲ剃りをなくす目的で脱毛する方が増えています。