脱毛の施術後は脱毛箇所を冷却して、化粧水やクリームによる保湿ケアが必要です。

脱毛後のNG行為

NG行為を危惧する医師

 

ヒゲ脱毛の施術を行った後というのは、色々と肌トラブルが起こる可能性があります。
しかし、誰もがそうした肌トラブルを引き起こしてしまうわけではありません。
肌トラブルの原因となるNG行為をしてしまう為に、そのようなことになってしまうのです。

 

それでは、その施術後に行ってはいけないNG行為とは一体何なのでしょうか。

 

 

ヒゲ脱毛の後にやってはいけないNG行為

ヒゲ脱毛の施術を受けた後には、絶対に避けなければならないNG行為があります。
次に挙げるのがその代表的なものです。

 

日焼け

日焼けは禁止

まずヒゲ脱毛の施術を受けた後というのは、肌にかなりのダメージが蓄積しています。
つまり、その時点ですでにデリケートな状態にあるのです。

 

そこに紫外線による刺激が加わると肌にはかなりのダメージになってしまい、ひどい場合にシミになってしまうこともあります。
ですから、施術後の日焼けにはくれぐれも注意しなければなりません。

 

外出はできるだけ避け、もし外出しなければならない場合には、長袖を着るなり日焼け止めを塗るなりして十分な対応を行いましょう。

 

乾燥

乾燥肌も禁止

ヒゲ脱毛を行った後の肌は軽い炎症を起した状態にあると言えます。
ですので、保湿によるケアというのは絶対に欠かせません。
乾燥した状態で放置するというのはもってのほかです。

 

もしも乾燥を放置してしまえば、かゆみその他の肌トラブルの原因となってしまいます。
ですから、施術後には必ず十分な保湿を行うように心がけましょう。

 

化粧水やクリーム、または軟膏などを使用することで乾燥を防ぐことができます。
これらは市販のものでも構いませんし、クリニックやサロンで貰えるアイテムを使っても問題ありません。

 

肌を温める

過剰な温めも禁止

サロンやクリニックで脱毛の施術を受けた後は、脱毛を行った箇所を冷却します。
これは、施術後の肌が毛穴の毛母細胞を熱で破壊しており、炎症を起こしやすくなっているためです。
このような状態で肌を温めてしまうと炎症の原因になってしまう為、冷却を行うわけです。

 

ですので、施術後に自宅に帰ってからも肌を温めるような行為は極力避けなければなりません。
シャワーを浴びる、浴槽に浸かるといった行為も望ましくありませんし、サウナに入るなどはもってのほかです。

 

また同じ理由から、激しい運動も施術後には控えるようにするべきです。

 

飲酒

飲酒は厳禁

これは上記の行為とも重なるのですが、アルコールの摂取も避けた方が良いでしょう。
アルコールを摂取してしまうと体温が上昇してしまい、それが炎症を引き起こす原因になってしまうのです。

 

ですから、例え毎日の習慣になっていたとしても施術後のアルコールの摂取は控えなければなりません。
また施術前の飲酒についても、サロンやクリニックでは禁止事項にしているところがあります。

 

髭剃りも控えた方が良い

髭剃りは肌にダメージを与える

 

普段はあまり意識することはありませんが、髭剃りというのは思いの外肌に対してダメージを与えています。
既に述べた通りヒゲ脱毛の後というのは肌が弱っている状態ですから、髭剃りについてもできるだけ控えておいた方が良いでしょう。

 

また、毛抜きで髭を抜くといった行為も肌を傷付ける原因となってしまいますので、必ず避けなければなりません。