脱毛効果は個人差がありますが、施術前と比べて大幅にヒゲを薄くすることが出来ます。

本当に永久に生えて来ないのか

ヒゲ脱毛をされる男性の多くは永久脱毛を望まれます。
部分脱毛を望まれる方もいますが、それはどちらかと言うと少数派です。
髭の永久脱毛については、「しばらくしたら髭が生えてくる」などと言われることもあります。
果たして、実際のところはどうなのでしょうか。

 

永久脱毛とは何か

永久脱毛について解説するドクターのイラスト

髭を永久脱毛した場合の効果を紹介する前に、まずは永久脱毛とはそもそもどんな脱毛なのかということを見ていきましょう。

 

おそらく永久脱毛と聞くと、実際にその施術を受けたことの無い方は永久にムダ毛が生えてこなくなると考えられるはずです。
確かに、字面通り受け取ればそのように考えるのが当然です。

 

しかし、実際には永久脱毛の施術を受けたところで永久に毛が生えてこなくなるわけではありません
では何故「永久脱毛」と呼ばれているのかというと、それは医学上の定義でそう表現しても良いとされているからです。

 

米国の電気脱毛協会では、「最後の脱毛施術から1ヶ月後の発毛再生率が20%以下の状態」永久脱毛と呼ぶと定義しています。
日本でもこれに倣って、80%以上の毛が処理されていれば医学的には永久脱毛と呼んで良いとされているのです。

 

ですから永久脱毛と言っても、長期に渡る脱毛効果を保証しているわけでは全くないのです。
まして、永久にその効果が続くということではないのです。

 

男性が成長していくイメージ

 

そもそも、ヒゲ脱毛に使われるレーザー脱毛器が使われ始めてからまだ20年程度にしかなりません。
ですから、ヒゲ脱毛を行ってから30年、40年、あるいは50年経った時に本当に毛が生えてこないかどうかというデータ自体が存在しないのです。
そうした状況で、本当に永久に毛が生えてこないということを保証できるはずはありません。

 

もしできたとしても、それはあくまで理論的に保証できるだけで、実証的に脱毛の効果が保証されるわけではありません。
これが、一般的に永久脱毛と呼ばれているものの実態です。

 

永久脱毛の効果

永久脱毛の効果を解説するドクターのイメージ

続いて、髭の永久脱毛に実際にどのような効果があるのかについて見ていきましょう。
これには当然個人差があるわけですが、一般的には永久脱毛を行うことで施術前と比べて大幅に髭を薄くすることができます

 

非常に髭の濃い方を除けば、多くの方が全く髭の無いツルツルの状態にすることができます。
少なくとも、髭が濃い方であれ薄い方であれ、施術前の髭の状態よりも薄くなることは間違いありません。

 

効果が持続する期間については、かなりのばらつきがあります。
施術後10年近く経っても産毛程度しか生えてこないという方もいますし、一方で数ヶ月しか経っていないのにまた髭が生えてきたという方もいます。
ですので、こればかりはケースバイケースとしか言いようがありません。

 

とは言え、永久脱毛の医学的な定義は「最後の脱毛施術から1ヶ月後の発毛再生率が20%以下の状態」ですから、この数字より悪くなるということはあり得ません。

矢印アイコンさらに詳しいレーザ脱毛の効果についてはこちら

 

髭の永久脱毛は痛い

脱毛の痛さに驚くドクターのイメージ

 

髭の永久脱毛については、「痛みが強い」ということがよく言われます。
そしてこれは、実際に間違いなく痛いのです。

 

レーザー脱毛という脱毛方法自体がそもそも強い痛みを伴うものなのですが、口の周りというのは他の身体の箇所に比べて一段と強い痛みを感じる箇所なのです。