ヒゲ脱毛後の見た目の変化で後悔する人は少なく、施術時の痛みや出費などで後悔するケースがあります。

ヒゲ脱毛して後悔することはある?

ヒゲ脱毛することで生じる後悔は以下のパターンに分類されます。

 

  • 一時的な後悔(痛み、出費、ポップアップ現象など)
  • 効果や費用に対しての後悔(満足のいく効果が出なかった)
  • ヒゲがなくなったことへの後悔

ヒゲ脱毛に成功して、見た目の変化で後悔する人はほとんどいません。

 

施術時の効果、費用、生活の制限などで後悔するケースがあるので注意しましょう。

 

 

施術に伴う後悔

医療用レーザー脱毛の場合は施術時に痛みを伴います。

 

痛みの感じ方は個人差があり、不安な方はオプションで麻酔を受けることもできます。
ヒゲにコンプレックスを持っている方からは痛みを理由に後悔した意見はあまり聞かれません。

 

ほかにも、脱毛後の腫れや焼けた毛が抜け落ちる前のポップアップ現象でヒゲが目立ってしまうデメリットがあります。

 

昨今は男性でも仕事中にマスクを着用するのが認められるように変化してきたので、脱毛後の肌トラブルやポップアップ現象は簡単に解決できます。

 

 

確実性を重視するなら医療用レーザー脱毛

ヒゲ脱毛は毛根を破壊する医療用レーザー脱毛、ニードル脱毛や、少ない痛みで施術できる医療用IPLやサロン用フラッシュ脱毛などがあります。

 

医療用レーザー脱毛は痛みが大きいですが、効果を実感しやすいメリットがあります。
痛みの少ない脱毛機は効果の個人差が大きくなります。

 

短期間で満足のいく効果を実感できる人もいれば、繰り返し脱毛しても効果を得られないケースもあります。効果が出なかった場合は費用と時間を損します。

 

また、脱毛前は日焼けがNGで保湿をしっかり行うなど、スキンケアにも時間と労力を取られます。

 

お金や時間を無駄にする後悔をしたくない場合は、痛みや麻酔オプションを含めた費用面のデメリットがあっても医療用レーザー脱毛をオススメします。

 

 

ヒゲがなくなって後悔する人はいる?

ヒゲがなくなって後悔する可能性がある人は、伸ばせば綺麗にヒゲが生える人です。

 

ヒゲが濃ければ綺麗に生えるとは限らず、剃り跡は目立つけど伸ばすと綺麗に生えないケースがあります。
過去にヒゲをカッコ良く伸ばした経験がなければ後悔する要素はありません。

 

本当はヒゲを伸ばすのが好きだけど仕事の関係で伸ばせない理由で脱毛すると、転職などで環境が変わった場合に後悔するケースがあります。

ただし、男性がヒゲを伸ばす行為自体が時代遅れになりつつあるので、ヒゲを生やせなくなったことで後悔する人は非常に少ないです。

 

デザイン脱毛をする場合は思っていたデザインと異なった場合、後悔してしまいます。

 

デザイン脱毛で確実性を求めるのなら、数mm伸ばした状態で1本ずつ施術を受けられるニードル脱毛を利用すると失敗リスクが低いです。